自動車保険料 格安

車両保険の条件を考える


自動車保険の本来の目的は事故を起して相手に迷惑をかけてしまった際の損害賠償に備えるということのはず。そこで対人賠償や対物賠償に関しては補償を削るのは避けたいところ。保険料を少しでも下げることを考える場合には、車両保険に関して対策を考えるべきでしょう。

●免責金額を上げる
免責金額というのは、事故を起こして自動車の修理代が必要だった場合に自己負担する金額のことを指します。免責金額を大きくすれば保険料も安くなります。

●車両保険の補償範囲を限定する
車両保険には、自損事故や当て逃げ等まで補償する「一般車両保険」と呼ばれるもの、他車との追突や接触のときのみ補償する「エコノミー車両保険」と呼ばれるもの、その中間に位置し、自損事故等は補償範囲外だが、盗難等は補償範囲に含まれる「エコノミー+A特約車両保険」と呼ばれるものがあります。補償範囲を限定すればその分保険料は安くなります。

車両保険の条件を考える−安い自動車保険比較
★*。インズウェブ
自動車保険一括見積り窓口

格安自動車保険


★*。自動車保険[保険スクエアbang!]
人気自動車保険ランキング



自動車保険比較TOP

Copyright(C) 2010
自動車保険の選び方!
保険料の安い自動車保険比較

[PR] 健康ダイエット/ 気象予報士資格取得/ 看護師求人/
携帯アクセス解析